片親でも優しい子に育ちます。

妊活サプリ
私は沖縄県に住んでいる30代の男性です。

私には、子供が3人いるのですが現在公務員として働いています。普段は日中仕事をしているので、子供達には普段寂しい思いをさせていると反省しています。

そんな私ですが、日々成長していく子供達の姿に時に感動したり、勇気をもらったりしています。

そんな中の1つです。

1番上の子が今年から小学生となり今までとは比べ物にならないくらい多くの人と関わるようになりました。

今までは保育園ということもあり、同じ環境の子供達だったのが、これからは自分とは違う環境で育った子供達とも関わるので勉強や学校行事、特に、友達関係でうまくやっていけるのか親としてはかなり心配していました。

さらに、私が片親であるということで友達からからかわれたり、仲間はずれにされたりしないかも心配でした。

始まって1ヶ月経ちますが、私の取り越し苦労である事がすぐに、分かりました。

子供は毎日楽しく学校に通っているようで、いつも家に帰ると今日学校であったことや、友達とこんなことをして遊んだなどいつも、楽しそうに話しています。

そんな子供でしたが、実は学校が始まってすぐくらいに友達に片親であることをバカにされたようです。

それでも、相手の子にやられるだけでなく、自分は今の環境が楽しみで片親でも良いんだと、堂々と言ったそうです。

我が子ながらそんな堂々と自分の意見を言えるようになってくれて、また、自分の家庭に負い目をもっていなかったそとにとても感動しました。

これからも、そんな子供を大切に育てていきたいと思います。

最後に、シングルファザーとして一言。

私の場合は、離婚をして子どもたちの親権をとったのですが、これは非常に困難ことでした。

父親が親権を取得するのは不可能と言われるくらい、一般的は困難なことです。

私の場合は、相手方にかなりの問題があったので、離婚調停にはもつれ込みましたが、なんとか親権を取ることができました。

その際に、やはり親権は法律的な問題が絡むため、弁護士に相談しました。

ただ、経済的に余裕があったわけではないので、行政で行われている無料の離婚相談を活用しました。

私が相談した弁護士は、幸運なことに離婚問題に詳しい方で、親権についてとても良いアドバイスをしてもらえたのです。

私の場合は、少しラッキーだったかもしれませんが、離婚問題でお悩みの方は、一度こういった無料相談を利用するのも、とても効果的だと思います。

妊活サプリをお探しの方は。