就職がなかなか出来ない

私は学生時代に結婚して、卒業して数年で離婚してしまった。

離婚した理由はいろいろとあるが、仕事のことはやはり大きかったかもしれない。

私は、就職氷河期にフリーターの状態で短大を卒業した。短大にくる地元の求人はほんのわずかしかなく採用される可能性もかなり低い状態だった。

先生の勧めで何社か受けたが、応募数もかなり多く不採用続きで卒業を迎えてしまった。

卒業式に、私達は校長から「就職率が高い短大なのに、ほとんどの人達をフリーターとして送り出すことになり申し訳ありません」と謝罪された。

生まれた年が悪かったのか、就職できなかったことが辛くて本当に涙が出た。

それから、短大の頃からお世話になっていたアルバイト先の店長にお願いして就職出来るまで働かせて下さいとお願いしアルバイトを続けることになった。

アルバイトの傍ら、ハローワークに通い何十社か正社員の面接を受けたが不採用だった。私は、社会から必要とされてないかもしれない、社員で働くことを諦めようかと思った。

それから、求人広告で派遣社員の求人を見つけた。派遣社員の働き方は、雑誌で読んでいて未経験で経験が積めるという所がいいなと思っていた。それから、派遣会社へ登録を行い前職や学歴など色々記入させられ面談をした。

私は、短大を卒業してからアルバイトしか経験が無いこととハローワークの求人を受けたが採用されない旨を担当者に伝えた。

インティスクエア(光目覚まし時計)

担当者は、ハローワークの求人は経験者採用がほとんどで、未経験者はほとんど採用しないと言ってきた。だからずっと不採用だったのかと思った。

それから、派遣の担当者に説明を受けて未経験でも受けれる派遣先の会社を紹介してもらった。すぐに派遣で採用され何年間か勤務したが慣れてきた頃に景気が悪くなり契約を終了された。

この時に、派遣は都合が悪くなればすぐに解雇されるんだと分かった。その後、別の派遣先を紹介され、正社員で探すことなくそのまままた派遣社員になるという状態が続き今に至る。

今でもハローワークで正社員の求人を探しているが、給与面で引っ掛かり派遣の方がお給料が良いので受ける気になれない。